▲「旧約聖書背徳の町『ソドムとゴモラ』」サンプル動画▲サンプル動画聖書考古学

旧約聖書背徳の町『ソドムとゴモラ』DVD No.129

実在の街ソドムとゴモラ

ソドムとゴモラを滅亡させた硫黄の火とは、太古の大カタストロフィーの象徴であった

ソドムとゴモラは、再びやってくる大カタストロフィー時代を知らせる警鐘である

収録日:2016年7月20日(水)

収録時間:67分20秒

詳しい内容を見る

実在の街ソドムとゴモラ
現在、「ソドムとゴモラの廃墟は、死海へ水没した」説が有力。
異説として、城塞都市遺跡バブ・エ・ドゥラーをソドム、
隣接する都市遺跡ヌメイラをゴモラとする説。

ソドムとゴモラ滅亡諸説

小惑星爆発説
シュメール文明・ニネヴェ遺跡から見つかった天体図の解析結果から、
小惑星がアルプス上空で爆発、その破片が降り注ぎ
ソドムとゴモラに壊滅的被害を及ぼした

核爆発説
インドの2大叙事詩「マハーバーラタ」、「ラーマーヤナ」の記述、
モヘンジョダロ遺跡のガラス化した石、
地下シェルター都市カッパドキア遺跡、
シナイ半島の大規模なクレーター、
などから推論して太古の核爆発により滅亡した。

天体現象説
太古の時代、金星・火星など、他の天体が地球に異常接近した時に放出される
高エネルギープラズマによって滅亡した。

大地震説
大地溝帯(アフリカ大陸を南北に貫く)を発生源とする大地震で発生した
超ド級の破壊力をもったプラズマで焼き尽くされ滅亡した。

太古の時代は、天体現象、地殻変動、激変につぐ激変、
大カタストロフィーの時代だった。
ソドムとゴモラを滅亡させた
硫黄の火とは、太古の大カタストロフィーの象徴であった。

やがて、死海の底からその姿を現す。
ソドムとゴモラは
再びやってくる大カタストロフィー時代を知らせる警鐘である。

閉じる

円盤屋DVD

他のDVDを探す

価格:3,240円(税込)

AmazonYahoo!