▲「真説・織田信長」サンプル動画▲サンプル動画日本史 闇に封印された謎

真説・織田信長DVD No.86

詳しい内容を見る

牛頭天王(ごずてんのう)
 =スサノオウの化身のごとく、
常識 慣例を破壊し
自らを第六天魔王と名乗り、
寺院焼き討ち/一向宗門徒虐殺を行った信長。

南朝の末裔・明治天皇は、
船岡山に建勲神社を建造し、
大平和敬神の碑を建て、
信長を平和の君と称え、最高の感謝の意を表した。

信長は北朝系の天皇が
正統ではないことを知っていたので、
北朝・正親町(おおぎまち)天皇に
臣下の礼を表さなかった。

信長の目指した天下布武とは
正統の南朝天皇を復活させ、
天皇による安定した国を誕生させることであった。

信長暗殺は正親町天皇と明智光秀による
策略であった。

本能寺から消えた信長の首は、
光秀によって正親町天皇のもとへ運ばれた。

「天下を取らせる」という
正親町天皇との密約により、
秀吉は信長の首を、平安京・船岡山に隠した。

信長の首は、
光秀によって陰陽道による呪詛を仕掛けられ
ニセモノ北朝を守る道具にされた。

秀吉による天下統一、家康のもとで生き延びた光秀、江戸幕府成立は全て
北朝天皇により仕組まれたことであった。

信長とプレスタージョン伝説。

家康に預けられた光秀
その後、天海僧正として徳川三代の将軍に仕えた


収録時間:76分59秒
収録日:2014年09月25日(木)

閉じる

円盤屋DVD

他のDVDを探す

価格:3,240円(税込)

AmazonYahoo!