▲「三種全てそろう 最後の神器 草薙の剣」サンプル動画▲サンプル動画古代日本の謎

三種全てそろう 最後の神器 草薙の剣DVD No.114

大本営のルーズベルト大統領調伏(呪い殺す)計画に使用された草薙の剣

草薙の剣の正体

日本神話に登場する剣、鉾、刀は全て草薙の剣に集約される

草薙の剣が伊勢神宮・伊雑宮に移譲され日本が目覚める

収録日:2015年11月20日(金)

収録時間:81分40秒

詳しい内容を見る

スサノオウ、天から持参した十握の剣(とつかのつるぎ)で八岐大蛇を退治。
退治した八岐大蛇(やまたのおろち)の尾から出てきた草薙の剣
日本武尊(ヤマトタケル)は草薙の剣を使って、東日本を制圧。
日本武尊死亡後、お妃・宮簀媛命(みやすひめのみこと)が神剣を熱田の地に祀り、熱田神宮誕生。

源平合戦・壇ノ浦の戦いの時、草薙の剣は海の底に沈んだとされているが、
草薙の剣は浮きあがり、海岸に漂着し、熱田に戻った」という伝承がある。

大本営のルーズベルト大統領調伏(呪い殺す)計画に使用された草薙の剣
その時の記録
「呪詛を開始すると、草薙の剣はうなり声をあげ、箱から出て、のたうち回り始めた。
それを止めようとした神職は、口から炎を出し、体が溶け灰になった」

1945年4月12日、ルーズベルト大統領死亡。

草薙の剣には2本のレプリカが存在する。

神代三剣

・草薙の剣
・布都御霊(ふつのみたま)神武東征を成功に導いた霊剣
・十握剣 別名・天羽々斬(あめのはばきり)

スサノオウが退治した八岐大蛇は聖櫃アークの象徴。
八岐大蛇から出てきた草薙の剣と、アークに収められているアロンの杖

草薙の剣の正体

日本神話に登場する剣、鉾、刀は全て草薙の剣に集約される

草薙の剣が伊勢神宮・伊雑宮に移譲、三種の神器全てそろい、
伊勢神宮が完成する。
日本が目覚める

閉じる

円盤屋DVD

他のDVDを探す

価格:3,240円(税込)

AmazonYahoo!